サプリでできる発達障害の改善|負担なくできるストレス解消法

ストレスの原因も調べる

先生

ストレスチェック義務化が制定されたことで、多くの企業ではどのようにチェックを行なうべきか、悩んでいるでしょう。ストレスチェックを行なうための設問例は、インターネットを利用することですぐに調べることができます。働いている社員に、プリントアウトしたストレスチェックの問題用紙を配布すれば、自社だけで行なえると多くの人は考えます。しかし、自社内だけでのチェックでは、ストレスチェックは不十分といえます。産業医が行なうストレスチェックは、ストレスが溜まっているかを調べるだけでなく、原因についても調べるものです。社員が抱える悩みはプライベートなものだけではなく、務めている会社の体制が原因である場合もあります。職場の体制が問題である場合、きちんと原因を究明しなければ、チェックに引っかかる社員を増やす結果となります。産業医を紹介してくれる専門のセンターに連絡することで、腕のよい産業医を派遣してもらうことができます。

産業医を紹介するセンターでは、センターに登録している医師同士がノウハウを共有しているため、個人でストレスチェックなどを行なう産業医に依頼するよりも適切に対応してくれます。ストレスチェックは普段抱えているストレスの度合いを測るだけではなく、ストレスの原因を探るためにも行なわれるものです。社員が業務上のどの点にストレスを抱いているか、業務効率を上げるために調べたいとする会社も多いでしょう。産業医を紹介するセンターに依頼することで、派遣された優秀な産業医が、カウンセリングによって社員からしっかりと問題点を聞き出してくれるでしょう。産業医を紹介してもらう場合、医師の性別なども選ぶことができます。女性社員が多い会社であれば、悩みを包み隠さず話せる同性の医師を紹介してもらうのもよいでしょう。